本日は午前中里山へ。アカシジミが出てないかと見に行ったのですが・・・まだ出てません。

ということで他の昆虫を撮影。今日はなぜか蛾に縁がある日でした。
▼スジベニコケガ(ノグルミの葉裏に静止)
スジベニコケガ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

スジベニコケガ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
とても美しい色彩と模様です。“コケガ(苔蛾)”の名の通り、幼虫は地衣類を食べるという変わった蛾です。これをきっかけに蛾にはまってしまうかも・・・。

▼カノコガ(交尾)
カノコガ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

カノコガ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
草地でよく見かける昼光性の蛾です。翅のカノコ(鹿の子)模様がおしゃれ。

▼ギンツバメ(ノグルミの葉に静止)
ギンツバメ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
白と灰色で構成される縞模様が、片方の前翅から後翅を経てもう一方の前翅へつながっていて面白いです。

これまで蛾を撮影するのはなんとなく避けていたように思うのですが、これからは少し積極的に狙ってみようかと思っています。

シルビアシジミの生息地へ行ってみたところ1頭居ました。
▼シルビアシジミ(ヨモギの葉に静止)
シルビアシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)

シルビアシジミ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)
撮影できたのは今月8日以来です。
なお蝶は他にモンシロチョウ、モンキチョウ、キチョウ、ベニシジミ、コミスジ、ツマグロヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、ヒメジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、セセリチョウの一種(イチモンジセセリ?)が見られました。数日前は何だったのというくらい豊富な種・個体数が飛んでました。

また、今日は甲虫もたくさん。
▼ジョウカイボン
ジョウカイボン
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

ジョウカイボン
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

▼コアオハナムグリ(キバナコスモスを訪花)
コアオハナムグリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

コアオハナムグリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

▼ハナムグリ(キバナコスモスを訪花)
ハナムグリ
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングなし)

甲虫は他にコガネムシやシロテンハナムグリが見られました。
アカシジミは見れなかったものの、なかなかバラエティーに富んだ昆虫を撮影でき、そしてなんといっても蛾の魅力に気付かされた半日でした。

<おまけ>
林縁の道を歩いていたところ、道端から林へおぼつかない飛び方で1羽の鳥が飛び込みました。近づいてみると・・・。
鳥の雛
OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 35mm f3.5 Macro(トリミングあり)
鳥の雛が。種類は何でしょうか?
ピーピー鳴いて盛んに親鳥を呼んでいました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/253-9ba9496b