昨年末の「いきもにあ」で購入した「テントウムシハンドブック」、紹介してなかったので簡単ではあるが記事にしておく。



日本に生息するテントウムシ約180種の内、115種が掲載された図鑑。まずなにより写真が美しい。これまでの図鑑の標本写真は黒ずんだり色褪せたり、ピンボケだったりで何が何だかよく分らないという代物だったが、本作の写真は鮮やかでくっきり。非常に見やすい。たしか保育社の甲虫図鑑で「1頭しか得られていない」とあったはずのイセテントウ(その後イチイガシの高所に生息することが分かったらしい)や、カメノコテントウの黒化型などビックリするようなものも掲載されており、眺めるだけでも楽しい。最近日本に移入したムネアカオオクロテントウも掲載。非常に充実した内容でオススメ。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2332-36129134