漫画「3月のライオン」の最新14巻を購入・読了。昨年読んだ13巻についての感想を書いていないようなので、併せて書いておこうと思う。



まずは昨年9月発売の13巻について。主に描かれていたのは二階堂四段の宗谷名人との公式戦初対局。二階堂君の将棋にかける熱い想いが、(桐山君もモノローグで言っていたが)とても眩しい。桐山君の将棋への姿勢にも少なからず影響を与えたようである。
一方で合間に描かれる、夏祭り後のあかりさんと林田先生、そして島田八段の関係。むしろ主人公なんてどうでもいいくらい気になる(笑)。私としては島田八段に頑張って頂きたい。

さて、最新14巻。今巻の主な題材は職団戦。様々な企業や役所で働く人たちによる、アマチュアの団体戦の将棋大会である。とても意外なテーマだったが、思えば桐山君が高校の将棋部で職団戦Bクラス入りを目指す校長や教頭、そして元担任の林田先生といった面々に指導していたのだったが、まさかそれを伏線としてここまでしっかりと描かれるとは思わなかった。必勝戦法を求め闇落ちするアマチュア心理が痛いほどわかり(笑)、とても楽しい一幕。なお、この話の中で、羽海野先生の「ハチミツとクローバー」という作品のキャラクターが登場。私はそちらの方を読んだことがないので、そのキャラについては今一つピンと来なかったが、ファンにとっては感動もののはず。
一方、職団戦と見事に日程がかぶった桐山君とひなちゃんが通う高校の学園祭。その準備で桐山君のクラスメートとの絡みがおそらく初めてまともに描かれていて、それが新鮮でかつ嬉しかった。あの桐山君がここまで来たとは。しかしその感動がかすむくらい(表紙にもなっている)妖怪カフェで化け猫(猫又?)をやってるひなちゃんが可愛い。桐山君、職団戦で審判なんてやってる場合じゃないぞ?
そして、今巻でも描かれるあかりさんと林田先生、そして島田八段の関係。私が推す島田八段が一歩リードか?今後の展開を早く読みたい。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2322-6e4a78e4