先週末(23日)、ミヤマアカネを撮影すべく、宝塚市の逆瀬川へ。ここ数年この時期に行くのが恒例になっている。曇りでたまに陽が差す天候で、ミヤマアカネはあまり活発ではなかったが個体数は多く、目的は果たせた。

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

※2018年9月23日、OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6(4・5枚目はZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macro)。

なお、先に記事に書いたように、同じ場所でマユタテアカネとミヤマアカネの異種間連結と、眉斑のような模様を持つ個体を目撃している。

さて撮影中、翅にマジックペンでマーキングされた個体を数頭見かけた。どうも宝塚自然保護協会いきいき学舎・フレミラが9月5日に行ったマーキング調査によるものらしい。以下に見かけた個体のマーキングされていた文字を記録しておく。

♂ 前翅:HI 29   後翅:LI 2●(文字部分の翅が欠損しているため不明。おそらく8か9)
♂ 後翅:HI 67
♀ 後翅:HI 70

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2309-3a6b9fa2