先週末のミヤマアカネの撮影で遭遇した、ちょっと変な個体。まず、左前翅の帯模様が薄いことに目がとまり、続いて顔面に本来無いはずの眉斑のような1対の黒い模様があることに気付いてビックリ。直前にマユタテアカネとミヤマアカネの異種間連結を目撃しており、もしや両種の交雑種かと思った。ただ、眉斑のような黒い模様はマユタテアカネの眉斑に比べ左右が離れており、また、左右対称ではなく向かって右側が大きく色が薄い。眉斑ではなく何らかの要因で色素が沈着しているだけという可能性も高そう。

眉斑(?)があるミヤマアカネ

眉斑(?)があるミヤマアカネ

眉斑(?)があるミヤマアカネ

なお、撮影後に念のため採集しておいた方が良いかと頭を切り替えた途端に飛び去って見失った。狭い河川敷で2時間弱粘ったが二度と現れずじまい。惜しいことをしたかもしれない。

※2018年9月23日、OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII + MMF-3 + ZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macro。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2308-b551e4ef