前回はこちら

先日入手した朗読カセット『宮沢賢治童話集』。今回はその内「セロ弾きのゴーシュ」の朗読と姫神による音楽について。

「セロ弾きのゴーシュ」(4巻A面24:59、B面21:27)
セロ弾きのゴーシュ~宮沢賢治童話集

4巻A面~B面に収録。朗読は森本レオさん。このカセットを聴く前に森本レオさんの声が宮沢賢治作品にハマっているのではと予想していたが、期待は裏切られず、大変良かった。感情の込め方が巧みで、聴いていて楽しい。作品世界の映像が浮かんで、一幕の劇を見ているような気分になる。キャラクターの声をかなり作っている部分もあるのだが、不自然さは無い。この朗読集で「なめとこ山の熊」と並ぶくらい好み。

好みの理由は他にもあって、それが姫神による音楽。この作品に使われている楽曲はアルバム『イーハトーヴォ日高見』には収録されていないが、かなり特徴的な曲ばかりで、姫神色は薄いものの良曲ぞろい。正直、「沼ばたけのオリザ」や「青いくるみ」を収録するよりこの作中の曲を入れた方が特色が際立った面白いアルバムになったのではとも思う。

まずはゴーシュが猫に「印度の虎狩り」をチェロで弾いて聴かせる場面。まさにその「印度の虎狩り」をイメージして作られたと思しき曲が流れる。ティンパニで始まり、チェロの音色が勇壮ながらもどこかユーモラスな旋律を力強く奏でる。

続いてカッコウにチェロを弾いてやる場面。3拍子のチェロの伴奏に、カッコウの鳴き声を模したパンフルート風の音色によるメロディーが載った曲。曲単独でも物語の情景が目に浮かぶようだ。その後カッコウが出て行った直後にシンフォニックなアレンジがなされたものも短い時間だが流れる。

3曲目は子ダヌキと一緒に「愉快な馬車屋」を演奏する場面。完全にジャズで、ジャズピアニストを目指していたという先代・星吉昭さんらしいといえるかも。主旋律のチェロ風の音色は弓で弦を弾くのではなく、弦を指ではじいて音を出したような感じ。それに子ダヌキがチェロを叩く音を表現したらしいリズムが入る。前曲と同じくシンフォニックなゆったりしたアレンジも流れる。

4曲目はチェロの中に子ネズミを入れて奏でるシーン。チェロの音色の独奏で始まり、途中からシンフォニックなシンセがバックに入る。主旋律をシンフォニックなシンセとベル風のシンセが奏でるアレンジも流れる。2曲目からこの曲までにいえることだが、章終盤で流れるのは別アレンジというよりも1つの曲の中の別々の部分かもしれない。

そして物語終盤、コンサートのアンコールでゴーシュが「印度の虎狩り」を演奏した後に家路につくシーン。あの「印度の虎狩り」を模した曲が流れ始めたと思ったら切れ目なく口笛風の音色がシンフォニックなシンセに乗って流れるパートに繋がり、おや?と思ったら一瞬ジャズ風の一節が入って、なんだなんだと思ったらパンフルート風の音色が「カッコウ」と奏でて終了。ここまでの楽曲をすべて詰め込んだような曲が流れる。ということは、もしかすると4部か5部構成くらいで全部の曲が実は1曲にまとまっているのかもしれず、全体像が非常に気になる。そういう意味でもぜひアルバムに入れてほしかった。

「ポラーノの広場」へ続く。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2278-27417020