先月3~5日に広島県へ家族旅行で行ってきた。その模様を写真をメインに紹介する。最終回は3日目に行った竹原。

忠海から呉線で竹原へ。竹原といえば6年前の旅でうっかり不通区間があるのを知らずに呉線をプランに組み込んでしまい、代行バスに乗るため降りた場所(記事はこちらこちら)。室町時代からの製塩で栄え財を成した豪商の屋敷が今も残る重要伝統的建造物群保存地区とはいえ、当時は観光地という認識は無かったが、その後アニメ「たまゆら」の舞台となったり、NHKの朝ドラ「マッサン」縁の地になったりでにわかに注目を浴び、観光雑誌にも取り上げられる人気の場所となった。いつかゆっくり見て歩きたいとは思っていたが、家族旅行で来ることになるとは。

▼竹原駅の外へ出ると「おかえりなさい」の文字
竹原駅

駅前の商店街には「たまゆら」のキャラクターがあちこちにあってテーマパーク状態。よりファン層が広そうな「マッサン」に押されているかと思いきや、(「マッサン」はメインの舞台ではないこともあるだろうが)思っていた以上に町と「たまゆら」の結びつきは強いようだ。そんな商店街を抜け、いよいよ古い町並みが残る地区へ。

▼旧・笠井邸の2階からの風景
竹原にて

▼数日前が竹灯りのイベント「憧憬の路」だった名残か
竹原にて


▼お抱え地蔵。持ち上げて予想以上に軽ければ願いが叶うらしいが、想定をはるかに超える重さ(泣)
竹原にて

▼お好み焼き店“ほり川”。ただお好み焼きはもう尾道で食べたのでこの日の昼食は・・・
竹原にて

▼酒蔵交流館の中にある蕎麦屋“たにざき”で昼食
竹原にて

▼町を見渡せる普明閣
竹原にて

竹原にて

普明閣で、これから呉の大和ミュージアムへ行く両親と別れ自由行動。引き続き竹原の町を散策。

▼昭和7年築の木造の旧写真館“日の丸写真館”
竹原にて

▼古民家カフェ“茶房ゆかり”でまったりティータイム。「たまゆら」の舞台となった場所でもあり、私がいる間にも聖地巡礼らしき方が入れ代わりやって来ていた。私も店の方が親切に勧めて下さったので屋根裏や囲炉裏を撮影させて頂いた。チーズケーキも美味しく雰囲気も良い。いつか再訪したい
竹原にて

竹原にて

竹原にて

竹原にて

ティータイムも含め撮影と散策を堪能し、帰路に着く。距離的には三原へ出て新幹線に乗るのが近いが、ダイヤの都合と両親と合流せねばならないということもあって遠回りではあるが広島へ。広島駅からは初乗車の「さくら」で新神戸へ。今回の旅が終わった。

▼竹原駅
竹原駅

▼さくら@広島駅
さくら@広島駅

※2016年11月5日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD(1・2・6・13~15枚目はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough)。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2217-49bbaabd