今月3~5日に広島県へ家族旅行で行ってきた。その模様を写真をメインに紹介する。まずは初日に行った帝釈峡。
岡山県の新見駅からレンタカーで向かったが、雄橋(おんばし)のある上帝釈へ行くはずがナビに神龍湖に連れていかれたりで迷いながらようよう到着。駐車場から徒歩で雄橋へ向かう。紅葉にはまだ少し早かったが、そびえ立つ岩肌と川の流れの渓谷美を楽しめた。雄橋は川を跨ぐような巨大な岩の天然の橋で、かつては実際に生活道として使われていたという。2匹の鬼が架けたという伝説が残り、雄橋へ向かう道中にはその鬼の供養塔とされる石柱もある。実際には石灰岩が川の浸食を受けてできたようだが、伝説を前にそれを言うのは野暮というものだろう。

帝釈峡

▼鬼の唐門
帝釈峡

▼鬼の供養塔
帝釈峡

▼雄橋近くの木の枝には地衣類のサルオガセが付いていた
帝釈峡

▼雄橋
帝釈峡

帝釈峡

帝釈峡



<おまけ>

▼岡山~新見間で乗車した特急「やくも」@岡山駅
特急「やくも」@岡山駅

特急「やくも」@岡山駅

▼新見市内で昼食(ひつまぶしのように途中で出汁を投入するステーキ重)
ステーキ重@新見市

▼日本一の親子孫水車@新見市
日本一の親子孫水車

▼芸備線の東城駅近くで出会った祭りの行列
八幡神社祭礼@東城町

※2016年11月3日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD(7枚目以降はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough、12枚目はRAW現像)。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2212-fb788e29