2016.09.10 ミヤマアカネ
先週末はミヤマアカネを求めて宝塚市へ。午前中に初めて訪れた仁川では姿無し。生息地のはずだが、環境が変わってしまったのか、それとも今年の気候のせいなのか。代わりにハグロトンボが数多く見られた。これはダメかと思いながら午後は昨年11月にチラッと姿を確認できた逆瀬川へ。すると阪急の逆瀬川駅から徒歩1分、早くも発見。諦めずに来てよかった。私のお気に入りのトンボ、ミヤマアカネだが、ガッツリと撮影するのはこれが初めて。暑さに閉口しつつも夢中で撮った。狭い範囲に5~10頭いて、その大半が美しく色づいたオス。ただ、羽化したばかりらしい色が淡い個体やメスも1頭ずついた。真夏のような日差し対策で腹部挙上姿勢をとる姿がよく見られた一方、石垣の影の中にいるものも多く、もしかすると仁川ではアシ原の中の影に潜んでいたかもしれない。

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

※2016年9月3日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6(7・9・10枚目はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough)。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2198-7d533e61