昨年、宗堂桜を見に行った際に、花で雨宿りをするヨツボシハムシの写真が撮れ、今でもお気に入りの1枚となっている。それに味を占め、今年はより積極的に昆虫写真を狙った。快晴の空の下、花や葉の上には多くの昆虫の姿があった。

▼シャクガの一種の幼虫、いわゆるシャクトリムシ
シャクガの一種の幼虫@宗堂桜

シャクガの一種の幼虫@宗堂桜

シャクガの一種の幼虫@宗堂桜

▼臭いにおいで嫌われがちなマルカメムシも、宗堂桜の上にいると可愛く見える?
マルカメムシ@宗堂桜

▼翅がオシャレなナシグンバイ
ナシグンバイ@宗堂桜

▼ナナホシテントウに擬態しているというクロボシツツハムシ
クロボシツツハムシ@宗堂桜

クロボシツツハムシ@宗堂桜

クロボシツツハムシ@宗堂桜

▼ゴマ粒サイズのキアシノミハムシ
キアシノミハムシ@宗堂桜

キアシノミハムシ@宗堂桜

※写真は2016年4月9日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macro(3・5枚目はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough)で撮影。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2175-bdbb565c