今日は天気予報では雨のはずだったが、雲間から太陽が覗いていたので急きょギフチョウポイントへ。少し遅めの10時ごろ着いた途端にギフチョウ出現。昨日は羽化不全の個体1頭のみだったが、今日は昨日と同一らしい1頭に加え、翅がきちんと伸びたものが少なくとも2頭(1頭は右後翅の尾状突起が欠損)、昼前まで入れ代わり立ち代わり飛来。ただコバノミツバツツジへの訪花シーンは見られずじまいで、もっぱらコシダの葉の上や落葉にとまったものを撮った。

ギフチョウ2016

ギフチョウ2016

ギフチョウ2016

ギフチョウ2016

ギフチョウ2016

ギフチョウ2016

ギフチョウ2016

綺麗に翅が伸びた個体はもちろん魅力的ではあるが、羽化不全の個体は飛翔に体力を余計に使うのかとまる頻度が高い。おかげでシャッターチャンスが多いのでありがたいという面はある。あとは縮れた翅を味と見るかどうか。今回の記事では3枚目と5~7枚目が羽化不全個体。6・7枚目は縮れた後翅が写らない正面からのアングルで撮った。

※2016年4月3日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2165-a5ca66fa