上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日に続き昨日もギフチョウポイントへ行ったが、空振り。ときおり強めの風が吹いていたせいもあるかもしれないが、他の蝶はたくさん見られた。アゲハは今年初見。現れた時はギフチョウかとドキッとしたが(笑)、例年アゲハと同時期にギフチョウが出現するので、シーズン開幕間近の証だろう。また谷底へ矢のように飛んでゆく黄色っぽい蝶がいたが、ギフチョウにしては素早過ぎたので違うと信じたい。キアゲハだろうか?他にはモンシロチョウ(今年初見)、キタキチョウ、コツバメ、ルリシジミ、テングチョウ、キタテハ目撃。しかし撮れた蝶はコツバメだけというのがしょっぱい。

コツバメ

青い縁毛幻光が美しい。
コシダの上に翅を閉じてとまり、体を大きく傾けて日光浴していた。決して翅を開いてとまらないことで有名で、翅の表側は少し変わった色合いの美しい青色なのだが、飛んでいる時にチラッとしか見ることができない。

コツバメ

コツバメ

※2016年3月21日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2159-e347cc9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。