今日、葉裏で越冬している昆虫を探してカナメモチ(?)の葉をめくっていると、突然陽光にきらりと輝くものが現れ驚いた。なんだ?とよく見ればセモンジンガサハムシ。お前は成虫越冬だったのかと二度ビックリ。寒々しい森の中にあって、この葉裏だけ季節が違うかのようなきらびやかな姿は、まるで宝石のよう。

セモンジンガサハムシ

セモンジンガサハムシ

セモンジンガサハムシ

セモンジンガサハムシ

セモンジンガサハムシ

撮影中に動き出し、最後はポロッと足元の落ち葉の中へ。無事に越冬してくれるといいが・・・。

※2016年2月5日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2135-b5649715