冬のナミテントウといえば物陰で集団越冬しているものと相場は決まっている。しかしあろうことか今月8日、アラカシの枝先にいるのを見つけた。いくら暖冬とはいえ君、まだ冬眠しなくていいのか?

▼ナミテントウ/2016年1月8日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ナミテントウ

ナミテントウ

一方、ナナホシテントウ。こちらは元々完全な冬眠はせず、真冬でも暖かな日は活動する「日和見越冬」。気温は低くとも日差しがあれば結構な確率で歩き回っている姿を見かける。

▼ナナホシテントウ/上から2016年1月7日、9日、15日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
ナナホシテントウ

ナナホシテントウ

ナナホシテントウ

虫影が少ないこの時期にナナホシテントウを見るとなんだかホッとする。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2125-0467dd49