一昨日フィールドへ。ビワの葉裏でヒメヨコバイの仲間が越冬していた。2種見られたが、多かったのがホシヒメヨコバイ。その名の通り黒い星を散したような翅の模様だが、個体変異があって大きな黒い紋が中央に縦に2つ並んでいるような個体も半数ほどいた。

ホシヒメヨコバイ

ホシヒメヨコバイ

ホシヒメヨコバイ

少数ながら見られたのがホソヒメヨコバイ。翅に黄色いストライプがあり、先端に黒っぽい模様がある。ホシとホソで名前がややこしい。

ホソヒメヨコバイ

ホソヒメヨコバイ

なお、前者は主にヌルデ、後者はバラ科植物?を食草としているらしいが、ビワの葉裏で仲良く冬越ししているのが面白い。

※2016年1月9日、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2123-215e77f6