樹の幹でヨコヅナサシガメの幼虫がダンゴムシの動きに合わせて横歩きしていた。

ダンゴムシを襲うヨコヅナサシガメの幼虫

獲物として狙っているのかと見守るうちに前方に回り込んで口吻を突き立てた。

ダンゴムシを襲うヨコヅナサシガメの幼虫

しかしダンゴムシの装甲は堅く、口吻は刺さらず。攻撃に驚いたダンゴムシが逃げ去っていくのを見送る背中には哀愁が漂っていた(笑)。

ダンゴムシを襲うヨコヅナサシガメの幼虫

失敗に終わったとはいえ、蛾の幼虫を襲うイメージが強いヨコヅナサシガメがダンゴムシを襲うシーンは初めて見た。そもそも地表で生活するダンゴムシと樹上で生活するヨコヅナサシガメが顔を合わせること自体が珍しい。ダンゴムシにある寄生虫が寄生すると、本来暗いところを好むダンゴムシが明るい場所を歩き回るようになるというが、もしかするとこのダンゴムシはそうした寄生を受けていたのだろうか?

※2015年11月10日、NIKON COOLPIX L610。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2095-0a1a89c1