今月5日、寺田町駅の駅名標の撮影に行ったついでに阪堺電車の住吉公園駅を再訪。5年ぶりだ。来年1月に住吉~住吉公園間が廃線となり、住吉公園駅も廃止されるというニュースを見たため。前回訪問時は記録写真程度だったので、今回はジックリ撮りたかった。

まだ現役とはいえ、5年前は昼間もあった列車が朝の数本だけとなっており、今回の訪問は住吉駅から徒歩でとなった。1駅とはいえ駅間距離は200メートルしかなく、徒歩5分ほどで着いた。路面電車では珍しいだろう瓦屋根の立派な駅舎に掲げられた駅名は、右から左に読むようになっており歴史を感じる。来ない列車を待つ乗客を防ぐためだろう、今の時間帯は住吉鳥居前駅から乗るようにという案内看板が駅舎内にドンと置かれ、1・2番線ホームは虎ロープで封鎖されていた。しかし降車用ホームには入れたので、そこから乗車用ホームの駅名標などを撮ることができた。

阪堺電車の住吉公園駅

阪堺電車の住吉公園駅

阪堺電車の住吉公園駅

阪堺電車の住吉公園駅

阪堺電車の住吉公園駅

阪堺電車の住吉公園駅

阪堺電車の住吉公園駅

阪堺電車の住吉公園駅

阪堺電車の住吉公園駅

阪堺電車の住吉公園駅

阪堺電車の住吉公園駅

ただ廃止とはいえ駅舎内には宝くじ売り場と居酒屋があることから、おそらく駅舎は残るのではないかと思う。また撤去費用も掛かるだろうし、ホームや、もしかすると緊急時の待避線用として線路も残るかもしれない。

<おまけ>
住吉駅付近の車窓。ダイヤモンドクロスの先の線路が来年1月廃止となる。
阪堺電車の住吉駅付近

※2015年9月5日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2069-d05b3775