先週土曜日に見に行った、ヴォーリズ建築である大丸の心斎橋店本館。1922~33年にかけて建てられた、鉄筋コンクリート造の威風堂々としたビルである。しかし残念ながら、他の百貨店の売り場拡大や改装に対抗するために改築が決定。今年12月で閉館となる。一応外観は保存されるようだが、内装はされない模様。その前に目と写真に焼き付けておこうという趣向だ。

まずは心斎橋筋側の正面玄関。入り口上部には陶製のクジャクが配され、これが大丸のシンボルともなっている。一説には江戸時代に大丸の近くにあった商家がクジャクの剥製を飾っていたことに由来するとも、フェニックスを注文したはずがなぜかクジャクになった(笑)ともいわれる。

大丸心斎橋店本館

大丸心斎橋店本館

大丸心斎橋店本館

元々の色なのかもしれないが、色があせているというかくすんでいるというかハッキリしなかったので、アートフィルター「ポップアート」を駆使して鮮やかにしたりしつつ撮影。

そして店内へ。

大丸心斎橋店本館

エレベーター周りや1階天井の豪華な装飾など撮影して回り、最後に御堂筋側出口のフラミンゴのステンドグラスを撮影したところで傍のインフォメーションのお姉さんに店内撮影禁止を告げられた。店内の写真を掲載したブログ記事等も見られるのでまさか禁止とは思わなかったが、よく見れば出口のドアの端の方に10センチ角くらいの禁煙マークのようなのがあってその旨が書かれていた。ということで店内の写真は掲載しないが、このまま死蔵もなんなので閉館後にでも記事にしようかと思っている。

気を取り直して店外の撮影。まずは御堂筋側玄関。内側は金色のレリーフと幾何学模様の鮮やかな天井が豪華。外側は黒いレリーフと幾何学模様の装飾がモリモリと。レリーフにはウサギとカメがモチーフにされており、同じくヴォーリズ建築である豊郷小学校旧校舎が思い起こされた。

大丸心斎橋店本館

大丸心斎橋店本館

大丸心斎橋店本館

最後にその他の部分の外観を撮影。

大丸心斎橋店本館

大丸心斎橋店本館

大丸心斎橋店本館

大丸心斎橋店本館

内装、外観共に素晴らしかった。ヴォーリズ建築にこうした豪華な装飾のイメージが無かったので驚きでもあった。これが建て替えられるとは・・・。内装も設計の工夫次第でいったん剥がして再設置という事もできそうだったがどうなるだろう。大丸の経営理念は「先義後利」だという。売り場面積拡大のために(耐震や老朽化もあるだろうが)、この貴重な建築物を改修ではなく建て替えることが「義」なのだろうか。大塩平八郎の乱のおり「大丸は義商なり、犯すなかれ」と焼き討ちを免れたというが、その「義」の心意気を建て替えでも見せてほしいものだ。

※2015年8月1日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD(5枚目はNIKON COOLPIX L610)。



今回の記事を書くにあたって「ヴォーリズ」のカテゴリを新設。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2045-3b75c4db