本日行われた将棋の第86期棋聖戦五番勝負の第4局で、羽生善治棋聖が挑戦者の豊島将之七段に勝ち、タイトルを防衛。棋聖戦はこれで8連覇、通算14期目の獲得。



七大タイトルの通算獲得数は92期となり、100期の大台まであと8期。
また通算勝利数は1319勝となり、歴代2位の加藤一二三九段まであと1勝と迫った。

今シリーズは、というより最近のタイトル戦の傾向だが、とにかく相矢倉戦で後手ばかりが勝つ。棋聖戦においても第3局まで後手番が全勝。羽生棋聖の2勝1敗という状況で今局を迎えた。羽生棋聖の先手で、勝ちにくいという事で避ける意味もあったのか、はたまたただの気分転換だったのか、相矢倉ではなく、初手2六歩から豊島七段も誘いに乗って相掛かりの戦形となった。豊島七段の工夫に対し、羽生棋聖も突っ張った手で対抗し難解な中盤戦。そこで羽生棋聖が驚きの手順を見せる。69手目に6三歩と打った歩を、直後の71手目に6二歩成と成捨てたのだ。豊島七段がこの歩を取れば歩を打つ前の局面に戻り、羽生棋聖は豊島七段に歩を1枚プレゼントした勘定になる。成捨ては歩を打った手がまずかったと明確に認める手であり悔しくて指せるものではないが、こういう所で気持ちを切り替えて指せるからこそ今日の羽生棋聖の位置があるのだろう。一方の豊島七段の方はこの手順に感覚を狂わされたか、少し欲張った指し方をし、結果的に形勢が徐々に羽生棋聖へと傾いていった。

豊島七段の初タイトルに期待しながら見ていた今シリーズだったが、またも厚い壁に阻まれた。昨年の王座戦はきわどかったのであるいはと思ったのだが。ただ豊島七段は今年も王座戦の挑戦者決定戦に進出しており、また秋に羽生王座との番勝負が見られるかもしれない。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2037-c83b3557