3月6~8日の北陸・信越旅行の模様、第14回(最終回)。

撮り鉄を終え妙高高原駅へと急いで戻り、帰路に着く。8:38発の長野行きに乗車。駅を出てほどなく、先ほど撮影していた場所が右窓に見えた。雪原の中を列車はひた走るが、長野に近づくにつれ地面の割合が多くなっていく。豊野辺りでついに雪は消えた。その隣の三才では開業間近のしなの鉄道・北しなの線の試運転列車とすれ違った。

しなの鉄道・北しなの線試運転

長野9:18着。土産物店で好物の「栗かの子」などを買った後、せっかくなので善光寺参りとしゃれ込むことにする。駅から徒歩で向かったが、思いのほか距離があり、慌ただしい参拝となってしまった。しかも参拝後に「むじな地蔵」を見るべく安置されている白蓮坊(と併設された万華鏡・とんぼ玉店)に入ったりもしたので、駅への戻りは半ば駆け足。

善光寺

善光寺

善光寺
▲アートショップ「ギャルリ 蓮」。万華鏡やとんぼ玉が展示販売されている。白蓮坊(むじな地蔵)への参拝はこの店の中から。撮影は禁止なので写真は無いが、白蓮坊は幻想的な灯籠の明かりに照らされた不思議な空間だった。列車の時間が迫る中、「せめてこれだけは見て行って」と色々な万華鏡を見せて下さった店の方に感謝。慌ただしい客でスイマセン(笑)。白蓮坊の授与品も買い損ねたし、次は時間を取ってゆっくり寄らせて頂こうと思う

善光寺
▲外に安置されているむじな地蔵のレプリカ。むじな地蔵は人の姿に化けて善光寺参りをしようとしたむじなの伝説にちなむもの

なんとか長野11:19発の松本行きの快速に間に合い乗車。この快速が鉄分補給にもってこいの列車で、スイッチバック式の桑ノ原信号所に停車し、ワイドビューしなの5号と行き違い。撮影中、江戸城天守閣の再建を目指す団体の方と知り合って(再建には許可とかもろもろ大変らしい)、しばらく鉄道トークで盛り上がった。

桑ノ原信号所

桑ノ原信号所

篠ノ井線でスイッチバックといえばなんといっても姨捨駅で、日本三大車窓の1つでもあるホームからの眺望が最高なのだが、あいにくこの日はモヤっており今一つ。しかし2回もスイッチバックを体験できる列車はなかなか無い。

姨捨駅

松本12:33着。その後、塩尻、中津川で乗り換え。16:35に名古屋に着くと東海道本線のダイヤが乱れており、なんと予定の1本前の列車に乗れた。この旅はよく列車の遅れに助けられる。もしかすると米原で1本前の新快速に乗り継げるかもしれない。しかし回復運転の健闘もむなしく、数分の差で間に合わなかった。夕食時、この旅最後の列車まで時間ができた。かねてから気になっていた北陸本線ホームの駅蕎麦屋へ向かう。頼んだ鶏天蕎麦が売り切れできつね蕎麦にしたが、これが驚くほど美味しかった。

米原駅の駅蕎麦

思わぬ名店の発見。宵闇が迫り冷え込んでくる中、熱々の蕎麦をすすりながら列車を待つ。至福のひととき。

~北陸・信越の旅2015春・了~

※写真は2015年3月8日、NIKON COOLPIX L610(1枚目はOLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD)。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2028-5841d7af