コンデジ(NIKON COOLPIX L610)で撮影した蛾を2種。

ギンツバメ。姿も名前も日本的で美しい。翅を開いてべたっと張り付くような姿勢で静止すると、前後の翅の模様が一体化するのも面白い。今月12日撮影。

ギンツバメ

ギンツバメ

アカスジシロコケガ。「コケガ」の名の通り幼虫は地衣類を食べる。雨のやみ間の笹の葉上で、紅白模様がとても鮮やかだった。 また幼虫は自らの毛を利用して、攻撃的なデザインの繭を作る。ただ写真の繭に入っている蛹は寄生バエのもののようだ。宿主に繭を作らせておいてから抜け出て蛹になるとは策士。成虫は今月16日、繭は先月27日撮影。

アカスジシロコケガ

アカスジシロコケガ

アカスジシロコケガ

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2023-127eeab2