もうレビューを書いたかと思いきや書いてなかった。昆虫写真家・海野和男さんによる、昆虫の撮影テクニックを紹介した本。

海野和男の昆虫撮影テクニック 増補改訂版: デジタルカメラによるamazon画像リンク作成ツール

昆虫写真を趣味とする者のバイブル的な1冊だが、まだ読んだことはなかった。正確には、京都の古本市で入手した同じく海野さんの「昆虫写真マニュアル」というフィルムカメラ時代の解説本をバイブルとしていたのだが、さすがに時代遅れの部分も多かろうという事で遅ればせながら2月に購入。

この増補改訂版ではオリンパスのマイクロフォーサーズ機によるテクニックを多く扱っている。私は昆虫撮影には主にオリンパスのフォーサーズ機(E-620)を使っていて、増補改訂前のものがそのフォーサーズ機の撮影テクニックを扱っているということだったが、いずれマイクロフォーサーズにも手を出すかもしれず、また最新のテクニックを知りたいし、マイクロフォーサーズでの手法をフォーサーズに応用することも可能だろう、ということで増補改訂版を購入した。絞りと被写界深度の関係など写真の基礎的なことから、作例と共に様々な撮影手法がわかりやすく解説されている。期待通りとても参考になる1冊で、今シーズンの撮影では実際参考にしている。ただ、やはりフォーサーズ機による作例がほとんどないのは寂しい。いずれ増補改訂前のものも入手しようと思う。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2012-111ff6e5