3月6~8日の北陸・信越旅行の模様、第9回。旅の2日目の模様。

北陸本線の旧線跡を見て筒石駅へと戻ってきた。窓口で記念に入場券を買い、長い階段を駆け下りる。ホームへ到着するとほぼ同時に列車がやって来た。

筒石駅

筒石駅

筒石駅

筒石駅

筒石駅

筒石駅

この13:30発の糸魚川行きで1駅戻り、能生(のう)へ。「能生騒動」という珍事件で知られる駅だ。

能生駅

能生駅

駅スタンプを押印し、滞在時間10分強で13:47発の直江津行きに乗車。途中、先ほど降りたばかりの筒石にまた停まるわけだが、心なしか車内がざわついた感じがした。こういう駅を知らない乗客がトラブルかと動揺したのだろうか。そんな思いを巡らせながらトンネル内の駅への停車・発車を通しで体験するのもなかなか楽しいものだ。

終点の直江津には14:12着。これにて北陸本線の旅は終わり、信越本線へと突入する。ホームには役目を終える直前の特急の案内表示がある一方で、えちごトキめき鉄道の開業を前に駅舎の外壁からはすでにJRマークが消えていた。

直江津駅

直江津駅

~つづく~

※写真は2015年3月7日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD(8~10枚目はNIKON COOLPIX L610)。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/2007-293930de