ここのところ雨が多いが、今日は午前中に貴重な晴れ間を利用してギフチョウのポイントへ。ここ数年、4月上旬に撮影できたことがなかったので、まあダメだろうと思っていたが、気温が上がってきた10時ごろ、あっさりと出現。

ギフチョウ

望遠レンズが威力を発揮し、とりあえずは撮影成功。

改めて過去の写真や記録を見てみると、昨年の4月上旬に訪れた際は天候が曇りで条件がイマイチ、一昨年は上旬にはこのポイントを発見できておらず、ここへ来たのは中旬になってから。なんと上旬に撮影できていないのは天候や場所の影響なのか?他の地域では4月上旬から出現しているのに、比較的温暖なここで半ば以降からしか見られないのはおかしいとは思っていたが、どうやらここでも例年4月上旬には羽化していると見た方が良さそうだ。

最初に撮影してからしばらくは全くとまらず、そんな中での最初の訪花シーンでは、やっととまったと思ったところにウォーキング中のご夫婦が出現し、思わず「あー!」と言葉が漏れて、ご夫婦の足を止めてしまった(苦笑)。スミマセン。

10時半を過ぎると徐々にコバノミツバツツジへの訪花シーンをしばしば見かけるようになり、シャッターチャンスも増えた。

ギフチョウ

ギフチョウ

ギフチョウ

ギフチョウ

ギフチョウ

ギフチョウ

この日見られたのはおそらく4頭。しかし内2頭が羽化不全で翅が縮れていたのが気になる(5枚目の写真の個体も実は羽化不全)。ここ数日の風雨が強かった日に羽化してしまったのか?特に1頭は酷く、痛々しいありさまだったが、必死に羽ばたいて飛んでいた。

ギフチョウ
▲酷い羽化不全。これで飛べるのだから凄い。

それにしても買って良かった望遠レンズ。これまでの苦労は何だったのという感じだった。

※2015年4月4日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1984-3dd07a13