今月6~8日の北陸・信越旅行の模様を紹介。今回はその第1回。

2015年3月14日に北陸新幹線の金沢~長野間が開業し、それに伴い並行在来線が第三セクター化され、北陸本線・信越本線の該当区間の駅スタンプが廃止されることになる。その前に押印しておきたくて、旅に出た。久々の青春18きっぷ旅、そして駅スタンプを目的にした押し鉄旅だ。

3月6日、三ノ宮駅を出発。まずは8:52発の敦賀行き新快速に乗る予定だったが、早く駅に来すぎたので時間つぶしに8:37発の野洲行き新快速に乗車。高槻駅で降りて駅スタンプを押し、予定の敦賀行き新快速(9:32発)に乗り換えた。

青春18きっぷの旅は久々だが、東海道本線~湖西線~北陸本線のルートは昨年10月の福井旅行で通ったばかり。でも季節が違えば風景も違うもので、雪化粧した比良山地~野坂山地が左や正面に雄大な姿を見せて車窓から目が離せない。

湖西線の車窓

車内は乗車率110%ほどだったが、私は先頭の補助席に座れた。大津京からだったか、小学生と先生らしい一団が乗っていて、車内は賑やかだ。前方の窓ガラスにかぶりつきで見ている子もいて、補助席に座っていては前が見にくい。廃止が近いトワイライトエクスプレスとすれ違うはずなのだが、見れるだろうか・・・と、先生と他の乗客との会話が耳に入った。なんと、一団は「大回り乗車」中なのだという!てっきり遠足だと思っていたが、課外授業だろうか?凄い小学校があったものだ。

大回り中の小学生たちも含め多くの乗客が近江塩津で降り、静かながらも寂しくなった車内でトワイライトとのすれ違いを今か今かと待ったが一向にやって来ない。どうやら遅れているらしい。そのまま敦賀駅に着いてしまった。次の列車まで時間があったので一旦改札を出る。そしてリニューアルしてオシャレになった駅舎内にビックリ。

敦賀駅

前に降りた時は昭和の香りが漂っていたが、そんなものは綺麗に消し飛んでいた。ただ場所は変わったものの駅蕎麦屋が健在なのは嬉しい限り。

スマホの充電器を忘れてきたので良い物が無いかとコンビニを覗いたがこれぞというのが無く、ホームへ戻る。改札近くにトワイライトエクスプレス関連の展示があって、傍のホワイトボードに何やら案内があった。トワイライトは5時間弱遅れているという。5時間も長く乗れるとは羨ましい。

敦賀駅

11:38発の福井行きに乗車。長い北陸トンネルを抜けると、そこは雪国だった。

南今庄駅の車窓

季節が逆戻りしたかのような感覚が楽しい。しばらく走ると季節は再び進み、残雪は消えた。福井12:28着。コンビニで昼食のおにぎりを調達してから12:45発の金沢行きに乗車。右窓にその名の通り白く雪をまとった白山を望みながら列車は走り、最初の目的地、寺井駅に13:44到着。北陸新幹線はまだこの辺りまで延伸されないが、ダイヤ改正に合わせてこの駅は能美根上(のみねあがり)駅に改称される。よって寺井駅の駅スタンプも廃止されるだろうという事で訪れた。

目的のスタンプを押し、次の列車まで駅名改称に合わせて建てられた真新しい駅を見てまわる。東口の駅舎の外壁にはすでに新駅名の文字が取り付けられ、白いカバーがされた状態で駅名改称を今や遅しと待っていたが、西口は今まさに駅名を取り付ける作業中で、窓外を上がっていくリフトに文字のパーツが見て取れた。中々貴重な光景だ。

寺井駅
▲寺井駅東口の駅舎外壁

寺井駅

寺井駅
▲西口は駅名取り付け作業中

寺井駅
▲東の窓外には雪化粧した白山連峰

列車の時間が近づいてホームへ戻る。と、外されて下に置かれた駅名板を見つけた。これまた駅名改称ならではだ。14:17発の金沢行きで出発。

寺井駅

寺井駅

~つづく~

※写真は全て2015年3月6日、NIKON COOLPIX L610。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1982-ebbf24e9