先月25日、日当たりの良い小さな崖(高さ50センチくらい)に蜂が数頭。「こんな時期に?」と驚いてよく見ると、狩りバチの仲間っぽい。

コオロギバチの一種

コオロギバチの一種

コオロギバチの一種

どうやらコオロギバチの一種らしい。その名の通りコオロギを狩り、成虫で越冬し、真冬でも暖かな日には活動する姿が見られるのだとか。崖には直径1センチほどの穴がいくつか開いていたが、その中で越冬しているのだろうか?複眼が大きく、狩人にしては可愛らしい顔つきの蜂だった。

※2015年2月25日、NIKON COOLPIX L610(2・3枚目はトリミング)。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1977-5a541372