1月に創刊された自然写真誌「ライフスケープ」。ツイッターで話題になっていたので気になって購入。

ライフスケープ (風景写真1月号臨時増刊)amazon画像リンク作成ツール

素晴らしい生き物の写真の数々に圧倒される。やはりプロは凄い。特に今号で特集されている前川貴行さん撮影のイノシシが印象に残った。一度山で遭遇した時、感情が無いというか、次の行動が読めない不気味さや怖さを感じ、あまり良いイメージを持ってなかったのだが、この写真はそれをガラリと変えた。感情豊かに見える暖かな良い写真だ。撮影地は偶然にも兵庫県。六甲山系だろうか?

また、この雑誌は文章も多く、読み物としても楽しめる。様々な生き物に関するエッセイや撮影記、写真家になるまでの軌跡など、どれも興味深い。今号では全体的に昆虫成分が少なめだが、監修に今森光彦さんと栗林慧さん、テクニカルアドバイザーに海野和男さんが名を連ねているし、今後昆虫特集的なこともあるかもしれない。

いずれにしろ、自然の生き物の写真を専門的に扱う雑誌が登場したことは喜ばしいし、高いクオリティは今後にも期待大だ。次号は5月20日発売予定らしい。必見!



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1958-44f7b090