先週の日曜日、三木市の伝統行事「鬼追い」を撮影してきた。毎年恒例ではあるが、今回は購入した望遠レンズのデビュー戦という事で非常に楽しみだった。

昨年は午前中の回を見に行ったが、今年は15時過ぎに始まった最後の回を撮影。まず今回は、鬼の行列の出発点である月輪寺の境内での写真。

鬼追い2015
▲いつも飾られる屏風の前で子鬼がポーズ

鬼追い2015
▲今年は屏風の前に鬼の面と斧が飾られていた。目玉にちょうど陽が差した

鬼追い2015
▲鬼の準備風景

鬼追い2015

鬼追い2015

鬼追い2015

鬼追い2015

鬼追い2015

※2015年1月18日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6。

望遠レンズは遠くからでもグッと寄れるのが楽しく、それを活かした写真、特に鬼の目玉を主題にした写真が多くなった。これまでには無かったことだ。

一昨年は境内のお堂に鬼たちが参拝してから行列が出発していたが(昨年は見逃したので不明)、今回は鬼の準備が整ってすぐ出発となった。急いで寺の境内を出て、大宮八幡宮への坂道の脇に陣取る。

~つづく~

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1951-1e15048f