先週、雑木林の階段にしがみついているオオスズメバチの女王を見つけた。越冬場所を探す途中、寒さで動けなくなったのか。中々ないチャンス、早速コンデジで撮影。

オオスズメバチの女王

オオスズメバチの女王

オオスズメバチの女王

「ハチの毒針は産卵管が変化したもの。産卵管そのものを持ってる女王は刺さない。」と、てっきり思いこんでいた。が、念のため調べてみると女王も毒針を持ち、卵は針の付け根の穴から出るらしい。撮影時そんなことは露知らず。無知の恐ろしさよ。 もっとも女王は針は持っていてもめったに刺さないらしいし、寒さで動けないこの状態では危険はほぼ無かったろうが。

はたしてこの後、女王は越冬場所を見つけられたろうか?

※2014年12月19日、NIKON COOLPIX L610(3枚目はセレクトカラー)。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1931-d00f4c01