今年はスーパームーンやらブルームーンやら、やたらとカタカナの月の名前を目にするが、今宵は171年ぶりの「ミラクルムーン」なのだという。

旧暦では約3年に一度(19年の内に7回)閏月(うるうづき)があって1年が13か月になる年があるが、今年はその閏月がある年、それも171年ぶりに閏9月がある年であり、そのために本来年に1度旧暦9月にある「十三夜」が2度ある珍しい年だそうな。その2度目、閏9月の十三夜が今夜で、「後の十三夜(のちのじゅうさんや)」と呼ばれるのだとか。「ミラクルムーン」とは誰が名付けたんだか知らないがセンスの欠片も無いが、「後の十三夜」と呼ぶと途端に風雅な趣が醸されるようで、これは見ねばなるまいという心持になる。早速部屋の窓を開けると、雲間にこうこうと輝く「後の十三夜」の月。

後の十三夜~ミラクルムーン

後の十三夜~ミラクルムーン

後の十三夜~ミラクルムーン

撮影後ほどなく、171年ぶりの名月は雲の陰に消えていった。

※写真は2014年11月5日、NIKON COOLPIX L610(1枚目はトリミング、3枚目はWB:電球)。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1903-31299d83