昨日は午前中に森林公園へ。

チョウトンボとルリモンハナバチ狙いだったが、ともに撃沈。1枚も撮れずorz

とはいえ、久々の撮影は楽しかった。それに思わぬ場面にも遭遇。草葉の陰にミカドトックリバチのカップルがいた。花に来ているのや巣作り中のは見たことがあるが、このシチュエーションは初めてだ。接合してないので交尾中とはいえないだろうが、いずれにせよめったに見られないだろうし、ここぞとばかりにバシバシ撮った。オスとメスの顔の模様の違いなども分かって貴重だ(メスの背にオスが乗っている)。

ミカドトックリバチのカップル

ミカドトックリバチのカップル

ミカドトックリバチのカップル

ミカドトックリバチのカップル

ミカドトックリバチのカップル

ミカドトックリバチのカップル

ミカドトックリバチのカップル
※2014年8月23日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro。

夢中で撮影していたが、空からゴロゴロという音が。これはいかんと建物内へ避難する途中でほぼ真上の空がパッと光ったかと思うと、バリバリッという轟音が轟いて腰を抜かした。数百メートル以内に落雷したようだ。折悪しく私がいるのはだだっ広い芝生広場。生きた心地がしなかったが、大粒の雨が激しく降り出した中、全力疾走して無事避難。撮影を切り上げねばならなかったのは残念だが、あの状況で被雷しなかったのは幸運だろう。雷を恐ろしいと思ったのは昨年の京都以来だ。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1852-c5f92124