先月24日の森林公園。シリアゲムシの仲間が遊歩道沿いでたくさん見られた。オスの腹部は「尻上げ」の名の通りくるっと背中側へ巻いており、まるでサソリのよう。英名の「scorpionfly」は的を得ている。

撮影中はてっきりヤマトシリアゲだとばかり思っていたが、少なくとも2頭目の個体は翅の模様からキバネシリアゲっぽい。ただ翅の斑紋には変異が多いそうで、正確な同定にはオスの交尾器を見なければならないらしい。とりあえずこの記事では最初に撮影したオスをヤマトシリアゲ、2頭目のメスはキバネシリアゲとしておく。

ヤマトシリアゲ

ヤマトシリアゲ
▲ヤマトシリアゲ♂(キバネシリアゲかも・・・)

キバネシリアゲ

キバネシリアゲ
▲キバネシリアゲ♀

※2014年5月24日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1795-f7c8c1dd