先週日曜日は森林公園へ。いまだ見たことがない憧れの昆虫(普通種らしいけど)、イタヤハマキチョッキリは居ないかと遊歩道脇のイロハモミジを見ると、枝先の葉に金属光沢のある赤いハマキチョッキリがいるではないか!うひゃあとビックリしつつバシバシ撮りまくる。

帰ってから念のため図鑑を見てみるとどうもイタヤハマキチョッキリではないような・・・。どうやらファウストハマキチョッキリらしい。保育社の甲虫図鑑には「サクラ、コナラなどの葉を巻く」とあるが、カエデ類の葉も巻くようだ。いずれにせよ初見の虫で美麗種とあらば嬉しいことには変わりない。

ファウストハマキチョッキリ

ファウストハマキチョッキリ

ファウストハマキチョッキリ

ファウストハマキチョッキリ

ファウストハマキチョッキリ

※2014年5月18日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro。

葉柄を齧っているのは何度も見られたが、葉を巻くシーンは結局見られずじまい。

午前中行ったが陽が高くなるにつれて(特に10時以降)姿が少なくなったので、活動時間帯がある程度限られているのかもしれない。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1785-d526d5cf