昨日~今日行われた将棋の第72期名人戦七番勝負第4局は、挑戦者の羽生善治三冠が森内俊之名人を破って4連勝し、見事に名人復位を果たした。





第4局の将棋の戦形は第1局・第2局に続いての相掛かり。中盤で受けに徹する後手の森内名人が優位に立ったが、反撃に転じた辺りで誤算があったか、あるいは羽生挑戦者の▲6四歩が絶好打だったか、とにかく形勢が混沌~羽生挑戦者有利に。とはいえまだ難しかったが最終盤のハッとする△8七飛成からの継続手△7八飛が、素人目には「王手は追う手」になったように見えた。その手に続く攻めの手が甘くなり、その隙をついた羽生挑戦者の▲4二角からの寄せが厳しく、森内名人が投了。史上初の3回目の名人返り咲き。

ここ3シリーズ森内名人相手に苦杯をなめ続けた名人戦だけに、このストレート奪取はファンとして溜飲が下がる思いの本当にうれしい勝利。やったぞ!!

これで羽生新名人は4年ぶりの四冠にもなった。やはり羽生さんは四冠以上持ってないと何だかしっくりこない。通算タイトル獲得数も87期となり、夢の100期まであと13。また今期は名人戦以外も好調で、先日には竜王戦1組で初優勝を果たし、竜王戦の挑戦権を射程に収めている。

さて、来月からは棋聖戦が開幕するが、挑戦者は森内竜王。リベンジマッチとなったわけで、また盛り上がりそうだ。非常に楽しみな五番勝負第1局は6月2日。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1782-3b0e2d50