一昨日~昨日行われた将棋の第72期名人戦七番勝負第2局は、挑戦者の羽生善治三冠が森内俊之名人を破って2連勝。名人復位へ大きく前進した。

戦形は第1局に続いての相掛かり。先手の羽生三冠が角を切る強襲を見せ、対する後手の森内名人が反撃に転じたところでの羽生三冠の▲4八金打が相手のお株を奪うような受けの好手だったらしく、森内名人の無理攻めを誘って優勢を拡大。最後は即詰みに打ち取った。この2人の対局では羽生三冠が暴発気味の攻めを見せ、森内名人の鉄板の受けの前に屈するという事も多いのだが、今局では全く逆の展開で、不思議な1局だった。

残り5局のうち2勝すれば復位という事で、久々の「羽生名人」が見えてきた。名人戦前に王将戦をフルセット戦ったのが活きているのだろうか?第3局以降も期待。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1766-4abce93a