一昨日~昨日行われた、将棋の第63期王将戦七番勝負第7局は挑戦者の羽生善治三冠が渡辺明王将に敗れ、対戦成績3勝4敗となり、奪取失敗に終わった。



久々の羽生「四冠」が見たかっただけに残念。しかし、連敗スタートにもかかわらずフルセットにもつれ込んだ良いシリーズだった。渡辺王将、防衛おめでとうございます。

第7局は後手の渡辺王将がゴキゲン中飛車を選択。この大一番でも使うとは、後手番の戦法として相当有力とみているのだろう。持久戦の将棋となり、相穴熊に。穴熊採用時の羽生三冠の勝率は9割ともいわれ、局面そのものも2日目が始まった段階では先手がかなり勝ちやすいように見えた。しかし、そこからの渡辺王将の反撃が見事で、先手の角を追うために突き出した8筋の歩を生かして穴熊サイドから攻めた。これが功を奏し、みるみる後手優勢に。羽生三冠も粘ったが、激辛の渡辺王将の指し手の前に及ばなかった。

2日目午前中まで「王将もらった」と半ば思っていただけに凹んだが(笑)、切り替えて来月開幕する名人戦での活躍を応援しよう。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1745-0d48c0b0