先週末、庭のシバザクラにセミの死体が付いているというので見に行ってみると、原形をほぼ保ったクマゼミがプランターにぶら下がっていた。鳥や蟻に解体されず、よく今まで残っていたものだ。翅は翅脈だけ残して膜質部は大体失われてしまっていたが、それが時の流れを感じさせた。

クマゼミの死骸

クマゼミの死骸

クマゼミの死骸

クマゼミの死骸

クマゼミの死骸

ところで、今回の記事は掲載写真の画質(JPEGの品質)を上げてみた。ツイッターに転載した際にあまりに劣化が激しかったためで、先ほど1枚ツイッターに載せてみたところ改善されたようではある。ただ、もともとそれなりに高品質だったのでブログ上では大差ないか?ファイルサイズがほぼ倍なので、今後どうするか考え中。

※写真は2014年3月16日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro(5枚目は35mm F3.5 Macro)で撮影。3・4枚目はトイフォト、5枚目はラフモノクローム使用。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1737-fecba5fc