昨日~今日行われた、将棋の第63期王将戦七番勝負第5局は挑戦者の羽生善治三冠が渡辺明王将に敗れて対戦成績は2勝3敗に。



角換わりの将棋。後手の羽生三冠は穴熊を築いたが、直後に渡辺王将の強襲を食らい、穴熊から玉が引きずり出された。そこで反撃に打って出たが、持ち駒を3枚も投入して詰ましたかに見えた先手の飛車が逃れた辺りから形勢が開き始め、最後は大差だった。途中、先手の角を切ってからの▲1一銀捨てが鋭い一着だったようだ。

これで渡辺王将は防衛に王手。羽生三冠は後が無くなったが、落とした今局は後手番なのでそこまで痛くはないか。先手番の次局に期待。





関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1721-7044a879