上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のA級順位戦の結果により、谷川浩司九段のA級陥落が決まってしまった。



昨年度は首の皮1枚で残留したが、今期はリーグ内での順位も悪く、戦績も振るわなかったために2戦を残して早々に陥落が決まった。十七世名人資格保持者にして将棋連盟会長。32期連続でA級(名人含む)に在籍。関西を代表する大棋士であり、大変に残念。たしかに全盛期を思えば光速流も衰えてはいるのだろうが、達人戦の決勝では羽生善治三冠を破って自分から自分に宛てた表彰状を受け取るという離れ業もやってのけたし、まだまだ一線での活躍を見てみたい。なんとか次期で復帰できないものか。

なお、11日の王将戦第1局の前夜祭で谷川九段は「1年の初めに悪いことが終わったと思い、皆さん方の力をお借りしながら将棋界の発展のために全力を尽くしたいと思います。」と挨拶している。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1691-cd76e261
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。