昨日~今日行われた、将棋の第63期王将戦七番勝負第1局は渡辺明王将が挑戦者の羽生善治三冠を破って先勝。



相矢倉の将棋。先日の永瀬六段相手の敗戦の将棋を途中まで辿り、感想戦で出た変化を経て、後手の羽生三冠が優勢な局面から無理筋で攻めて負け、という何とも釈然としない敗戦だった。こうした羽生三冠の「暴発」的な攻めはここしばらく鳴りを潜めていたのだが、また復活してしまったか。後手番で勝つチャンスだっただけに残念。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1690-e99cd939