ふと思いついて、一昨日、2月に山で採ってきたウスタビガの繭を撮影。暗くした室内で照明を当てて。これまでやったことが無い手法。

ウスタビガの繭

ウスタビガの繭

ウスタビガの繭

ウスタビガの繭

ウスタビガの繭
▲ウスタビガの繭/2013-12-29 OLYMPUS E-620 + 35mm F3.5 Macro

思ったほど光が透過しなかったが、味わい深い。4・5枚目はアートフィルターの「ラフモノクローム」を使用。造形が強調される感じで面白い。それにしてもこの繭を見るたびに思うが、よくもまあ芋虫がこんなに美しい物を作れるものだ。人間にはとても真似できないだろう。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1680-1533179d