先月21日に伽耶院へ紅葉見物に行った際、境内の臼稲荷の祠の脇にウラギンシジミが居るのを見つけた。これから越冬するのだろう。両方の翅が同じ形に破れていて、こういうのは鳥やトカゲに襲われた跡だという。嘴跡(バードビーク)と呼ばれるようだ。

伽耶院臼稲荷

ウラギンシジミ@伽耶院臼稲荷

ウラギンシジミ@伽耶院臼稲荷

※この記事の写真は2013年11月21日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1664-7ae46b92