年明けに開幕する将棋の第63期王将戦七番勝負の挑戦者が、羽生善治三冠に決まった。



今日の対局でリーグ2位の佐藤康光九段が郷田真隆九段に敗れたため、最終戦を待たずに決定。

4年ぶりとなる久々の王将戦で渡辺明王将(三冠)とのゴールデンカードが実現。結果もさることながら、名局も大いに期待したい。

なお、渡辺王将は現在竜王戦で森内俊之名人相手に1勝3敗とカド番に追い込まれており、今日~明日と第5局を戦っている。出来れば渡辺竜王には羽生三冠が奪取するまで竜王でいてほしいのだが、はたして。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1658-54add802