本日11月20日、姫神のアルバム「~花鳥風月~ 星ごよみ サウンドトラック」が発売に。夕方Amazonから届き、早速聴いてみた。

姫神「~花鳥風月~ 星ごよみ サウンドトラック」

姫神「~花鳥風月~ 星ごよみ サウンドトラック」

【~花鳥風月~ 星ごよみ サウンドトラック】
01 黄昏~星ごよみ
02 二十四節季
03 春の霞
04 真珠星
05 螢夏
06 天の川
07 秋韻
08 雲わたる月
09 白銀のしじま
10 冬陽
11 花鳥風月
12 夜明け~星ごよみ

東京スカイツリータウンのプラネタリウム「天空」で上映されている番組のサントラで、全曲インストのシンセサイザーのみの楽曲。星さん曰く、姫神中期の曲調、特にアルバム「風土記」を意識して曲作りを行ったそうだが、曲調としてはむしろアルバム「北天幻想」や「イーハトーヴォ日高見」に通じるものがある。所々のフレーズや使われている音色に先代を思わせるものがあって、曲の雰囲気という意味でも、姫神の歴史という意味でも懐かしい感じがする一枚だ。四季を描いたアルバムだけあって、聴いていると季節の情景が浮かぶ。曲間に自然音が入っている点は「風土記」を思わせるが、入り方は少々違っていて、自然音がトラック間を跨いで続いていたり、曲の終わりや始まりに被っていたりする。CD版はこの一枚全体の流れを楽しんで聴くものと言えそうだ。1曲ずつのリピート再生には少々不向きなので、それをしたい場合は自然音無しの配信リリース版がオススメ。

今のところ一番のお気に入りは4曲目の「真珠星」。他に6曲目「天の川」やテーマ曲である11曲目「花鳥風月」も好み。聴き込んでいくうちにおそらく好みの順位も変わっていくだろう。またいずれ各曲のレビュー記事を書くかもしれない。

    ▼CD         ▼配信版



PV(YouTube

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1655-4a0cee86