先月29日から今月2日まで行っていた、津軽と道南を巡る旅の模様。その第4回。(前回はこちら

※この記事の写真は2013年10月30日、OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。

秋田から乗車した快速「リゾートしらかみ1号」は、左に八郎潟の残存湖を望みながら奥羽本線を北上する。与次郎稲荷では良い天気だった空模様は、再びどんよりしたものに変わってきた。東能代から念願の五能線に入り1駅、能代駅に停車。数分停まる間にホームではバスケットボールのフリースロー大会が催される。バスケの町、能代にちなんだイベントで、上手く入れば記念品が貰える。駅スタンプをすばやく押した後挑戦してみたが、目測を誤ってなんとゴールに届かず。さすがに届かないなんてことは考えてなかったので我ながら驚く。

能代駅
▲フリースロー大会@能代駅

あぁと凹むが、どうやら複数回投げても良いらしい。再び並び、投じた2投目は見事ゴール。記念品は何だろう?

リゾートしらかみ1号

名産の秋田杉を使用した乗車記念葉書だった。

五能線は海沿いを走る景勝路線であり、リソートしらかみは大きな窓からその景色を楽しめるのが売りなのだが、なにぶん天気がいまひとつで海は鉛色。奇岩が並ぶビューポイントでは徐行してくれたりとサービス満点だが、いかんせん色味が悪い。冬が近づく日本海らしいといえばそれまでだが、少し残念である。

リゾートしらかみ1号

津軽地方に入り、10:22十二湖着。ここで降りてバスに乗り換える。時間は8分しか無く、その間に駅の向かいのうどん屋に荷物を預けられるかという不安があったが、感じの良い店主のおばあちゃんに200円支払ってすんなり完了。しかもバスはうどん屋の真ん前に停まるので何の問題もなく、5分ほどの余裕さえあった。天候は再び回復し、太陽も覗く。「良い天気になって良かったですねえ」と同じくバスを待つ人と会話しながらしばし。ほぼ定刻にバスが来た。10:30発。この路線バス(弘南バス)の運転手のおじいさんが面白い方で、道すがら色々とユーモアを交え解説してくれるのが大変良かった。

あっという間に奥十二湖10:45着。ここからは徒歩で前々から見たかった「青池」を目指す。バス停から青池までは徒歩10分弱だが、写真を撮りつつノンビリと向かった。途中の左手に広がる「鶏頭場(けとば)の池」は紅葉が見事。鏡のような水面にそれが映って素晴しい錦秋。

鶏頭場の池(十二湖)
▲手前の枝についた水滴にピントを合わせてみた@鶏頭場の池(十二湖)

紅葉を愛でつつ青池に着く。上手い具合に落ち葉が端の方に寄っていて、その名に違わぬ青い水面が広く見えていた。雨上がりのようで頭上の枝葉からは絶え間なく水滴が落ちて水面に波紋を描き、それはそれは綺麗だった。有名な観光地は実際に行ってガッカリすることも多いが、ここは例外だ。中高年の団体客が間断なく訪れて少々騒々しかったが、10秒ほどその流れが途切れて青池のほとりに私1人ということが1度あり、その時は森閑とした中に水滴が葉っぱや水面に落ちる音だけが聞こえて最高の雰囲気だった。

青池(十二湖)

青池(十二湖)

青池(十二湖)

青池(十二湖)

青池(十二湖)
▲3~5枚目はアートフィルター「ポップアート」使用。鮮やかな青が表現できる反面、ズルしているような後ろめたさも。

ジックリ堪能した後、先のバスの運転手氏ご推奨の「沸壺(わきつぼ)の池」へ。距離はバス停~青池間と変わらないが、雨上がりということもあって足元が悪い箇所があり、少々時間を食う。着いてみると青い水を湛えたやや広めの池があった。しかし色はやや淡く、青池を見た後では見劣りがしてしまう。

沸壺の池(十二湖)
▲沸壺の池(十二湖)

ぐるっと一周回るコースで奥十二湖バス停へ戻る。舗装道路に出た後現れた分かれ道で「ん?」となったが、右の道を選ぶとすぐにバス停が現れた。まだバスまでは30分ほどあったので再び青池へ行ってみる。名残惜しい思いで眺めていると、青森テレビのクルーが取材にやってきてインタビューを始めたので退散。来た道をバス停へ戻って、傍の土産物店で昼食用に磯辺餅を2つ買ってバスに乗車。最前列の座席に座ろうとしてバランスを崩し、窓枠に思いっきり右肘をぶつけた。折れたかというくらい痛くて呻いているところに、行きもお世話になった運転手氏がブナの落ち葉をくれる。痛みのあまり無言で受け取ったのが不自然だったか、なぜか台湾人に間違われて、「兵庫県です」と言うと「失礼しました」と謝られる。いや、別に謝らなくても。12:30発の奥十二湖から乗車したのは私1人で、相槌を打ちつつマンツーマンで解説を聞く。右肘はしばらくするとなんともなくなってホッとした。

~つづく~

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1645-b26f1dfc