昨日もツルガハキリバチの巣作りの様子が見られた。この日は午前中から夕方近くまで切り取った葉っぱを持ち帰っていた。花粉の時と比べ持ち帰るインターバルが短いので待ち時間が苦にならないのが良いが、ピンボケを量産。特に午後からは集中力が途切れがちで酷かった。手持ち撮影だったが、ファインダーから目を離したとたんに帰ってくることもしばしば。

ツルガハキリバチ

ツルガハキリバチ

ツルガハキリバチ

ツルガハキリバチ
▲2013-10-21 OLYMPUS E-620 + ED 50mm F2.0 Macro

三脚を使うべきか?

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1631-b959137b