先日1度だけ竹筒トラップに出入りするのを見かけたツルガハキリバチだが、その後全く出入りする様子は無かった。ところが今月14日に半日にわたって巣作りする様子を観察・撮影できた。5本の竹筒の内、左上の1本は既に入り口のところに葉っぱで封がされていたので、数日前から作り始めたのだろう。

午前中は切り取った葉っぱを、午後からは花粉や蜜を運んで何度も飛来していた。まるで時刻表でもあるかのように、葉っぱは2~3分に1回、花粉や蜜は判で押したように7分に1回竹筒へと運んでくる。適当に見つけた葉っぱや花で採取するのではなく、場所がある程度決まっているようだ。

※写真はOLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macroで撮影。

ツルガハキリバチ

ツルガハキリバチ
▲運んでくる葉っぱは縁にギザギザが有るもの無いもの色々。庭の植物を見渡すと、サクラとコナラにたくさん採取の跡がついていた。他にアナベルやシダにまでそれらしい跡を見つけた(後者はさすがに違うような気もするが)

ツルガハキリバチ

ツルガハキリバチ
▲葉を採取された跡。上はサクラ、下がコナラ。丸く切り取られた形が特徴的

ツルガハキリバチ
▲100枚を超えるブレ・ピンボケ写真の果てにビシッと決まった1枚が撮れた。お腹の下の毛に花粉をいっぱい溜め込んでご帰還。できれば葉っぱを持ち帰ったシーンでこういう写真を撮りたかったものだ

フラッシュを使えばより簡単に撮れたのかもしれないが、自然光下の色が好きなので使わずに撮った。失敗写真を量産したが、その分上手くいった時の喜びもひとしお。一昨日、昨日は台風の影響で天候が悪く、今日は曇りがちで気温が低かったためか巣作りの模様は見れていない。また撮る機会はあるだろうか。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1625-632b3eaf