昨日行われた将棋の第61期王座戦五番勝負第2局で、羽生善治王座は挑戦者の中村太地六段に勝ち、1勝1敗のタイとなった。



「死闘」という言葉が相応しい、ものすごい将棋だった。

先手(羽生王座)が矢倉、後手(中村六段)が雁木という立ち上がりの序盤から、後手が攻撃を仕掛けるのが難しい局面が延々続き、後手が酷い凝り形になる中、先手だけが穴熊の堅陣を築いて攻撃を開始。先手優勢になったかと思われた。しかし、後手は猛攻を交わしながら入玉大作戦。一時は5九まで玉がやって来たが、先手がそれを押し戻し、中段で仕留めた。互いに秘術を尽くした終盤の攻防戦。総手数203手は王座戦新記録だそうだ。

それにしても中村六段は強い。羽生王座と互角に渡り合っている。昨年の棋聖戦からの成長をまざまざと見せ付けている今シリーズだ。

タイトルへの天王山となりそうな第3局は来月2日。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1588-fc868d94