8月24~26に行った石川県旅行の模様、第6回。(前回はこちら

※この記事の写真は2013年8月25日、特記が無い限りOLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。

目指す白米千枚田(しろよねせんまいだ)は能登半島を代表する風景の1つだ。その海辺の急斜面に作られた棚田を見てみたいとかねてから思っていた。もっとも、昨年穴水駅近くの来迎寺を訪れた際に、そこの方に見頃は5月頃と言われてはいたのだが。今の時期は稲の背丈が高くなって田んぼの境目が良くわからないらしい。とはいえせっかく通るのだから見ておきたい。

能登半島バスの旅
▲バスの車窓

白米バス停(能登半島バスの旅)
▲白米バス停

千枚田の傍の白米バス停に16:04着。さっそく千枚田へ向かう。能登を代表する観光地らしく、山梨ナンバーの観光バスが止まって見物客を吐き出していた。道路の傍ではショベルカーが遊歩道の整備工事をしていて少々興がそがれたが、青い海を背景に黄金色の斜面が広がる光景はたしかに美しい。

白米千枚田

白米千枚田

白米千枚田

白米千枚田

白米千枚田

写真を撮りながら遊歩道を歩いた。千枚田の名の通り全部で1004枚もあるというが、そんなにあるようには感じられない。たしかに田んぼの境目が判りにくく、棚田というよりは草原のようだ。やはり5月頃にまた来てみたい。それにしても暑い。というよりも陽射しがキツイ。特に海の照り返しが凄く、まるで太陽が3個くらいあるかのようだ。そんな中歩き回ったことがたたり、熱射病なのか頭痛がしてきて散策は早々に切り上げて、バス停傍の民家の庭先の木陰で休息。他に陽射しが避けられる場所は無さそうだった。夕景を見たいと思っていたがとてもそんな気はせず、そもそも時刻表を確認すると宿へ戻る時間が遅くなりすぎる。せめて2泊目は七尾辺りにしておけばよかった。

非常食として持ってきていた「忍者めし(梅かつお味)」の塩分が功を奏したか、それともバス停の自販機で買った冷たい飲み物を額に当てていたのが良かったか、体調もだいぶましになった。予定のバスは定刻の17:19から数分遅れてやって来た。

味覚糖 旨味シゲキックス忍者めし梅かつお味 20g×10袋
味覚糖 旨味シゲキックス忍者めし梅かつお味 20g×10袋 amazon画像リンク作成ツール

白米バス停(能登半島バスの旅)
▲このバスで輪島駅へ/NIKON COOLPIX S4

輪島駅前17:39着。なお、曽々木口~白米の運賃が400円。白米~輪島駅前が470円だった。

輪島駅(能登半島バスの旅)

輪島駅(能登半島バスの旅)
▲のと鉄道の旧・輪島駅を再現したモニュメント/NIKON COOLPIX S4

少し時間があったので観光案内所でみやげ物を物色して「かじめ」という海藻の佃煮を買ったが、ちゃんとした土産物屋が2軒隣にあったことに閉店後気付いた。地酒なんかも見てみたかったのに残念。

さて、予定のバスの時間18:10になったのにあの赤いバスが見当たらないぞと見渡すと、少し離れたところに見慣れない小ぶりなバスが止まっていて、行き先が「穴水駅」と表示されていた。慌てて乗り込むと程なく発車。危ないところだった。

輪島駅(能登半島バスの旅)
▲危うく乗り逃すところだった/NIKON COOLPIX S4

現在の能登半島のバス路線は北鉄奥能登バス1社だが、これは2社あったものを統合した結果で、この車両はその時代の名残らしい。整理券に記された社名も違い、そこから察するに見慣れた赤いバスは北鉄バス、今回のは旧・能登中央バスの車両らしい。

穴水駅から乗ったときもそうだったが、またしても乗客は私1人。穴水~輪島間というと重要路線のような気もしてしまうが、こういう状況である。

穴水駅前18:44着。乗り継ぎ良く18:52発の列車がある。これを逃すと七尾での乗り継ぎが酷くて金沢到着が夜中になる。

のと鉄道・穴水駅
▲穴水駅にて/NIKON COOLPIX S4

七尾着19:34。19:39発のJRに乗り換え。

七尾駅
▲七尾駅にて/NIKON COOLPIX S4

金沢21:12着。ふと足元を見ると、そこにはありし日の名残。

金沢駅
▲急行「能登路」の乗車口案内/NIKON COOLPIX S4

金沢駅
▲急行「きたぐに」の乗車口案内/NIKON COOLPIX S4

金沢駅
▲特急「白山」「雷鳥」「白鳥」の乗車口案内/NIKON COOLPIX S4

思わぬ遺物が見られて嬉しい驚きを感じつつ、コンビニに入って夕食用に「金沢風カレー」なるものを購入し、ホテルの部屋へ戻った。2日目が終了。

金沢風カレー
▲金沢風カレー。ボリューミーにして美味。選んで正解/NIKON COOLPIX S4

~つづく~

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1585-a6b1290b