先週土曜日に里山で撮影した昆虫写真。
今シーズン蝉の鳴き声を聞かなくなってもう久しいが、道路に仰向けになってツクツクボウシの雌が落ちていた。この時期だし死骸だろう、ずいぶん前に死んだのが風に飛ばされて道路に出てきたのかなと思いつつ、何とはなしに持ってみると・・・なんと生きていた!瀕死ではあったが、翅を震わせ、足をもぞもぞと動かした。蝉の中でツクツクボウシはシーズンの一番遅くまで鳴き声を響かせるが、それにしても10月20日に生きたものに遭遇するとは驚いた。ほぼ間違いなく三木市の今年最後の蝉だろう。

▼ツクツクボウシ/2012-10-20 OLYMPUS E-620 + ED 50mm f2.0 Macro
ツクツクボウシ
てっきり死骸だと思ったが・・・

ツクツクボウシ
生きていた!

ツクツクボウシ
もうドングリの季節なのに・・・。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://erbaf.blog95.fc2.com/tb.php/1252-82ecedef